>ホーム  >About NFC




NFCってなに??

  NFC(Near Field Communication)は短波HF帯(13.56MHz)を利用した、数センチの程度でICタグとスマートフォンなどの端末をかざして通信させる規格です。QRコードのようなカメラを起動し、ピントを合わせる作業は不要!ICタグに「タッチ」「かざす」だけで様々な情報を配信することができます。
IoT(Internet of Things)、O2O(Online to offline)などのトリガーとして、今大注目されています。







店頭でNFC

 
店頭スペースから今まで訴求できなかった新しい情報の配信が可能です。
NFCがあれば狭い店内の限られた商品のスペースから様々な情報を提供できます。
コーディネート情報、また店員さんに聞かなくとも在庫情報の取得ができる!?などなど。
またECサイトと連動させることで、タグにタッチし、ECページへ誘導することも可能です。

街中でNFC

 
街頭、駅、ショッピングセンターなど、様々な箇所から情報配信が可能です。
NFCタグで今まで視覚効果しか発揮できなかった広告が、様々な情報配信、
またECと連動させて、たちまちショッピングも可能な広告に早変わり!
空きスペースを有効活用し、ECサイトへ誘導するウォールショップがスタンダードに!?

商品にNFC

 
商品のパッケージやPOPなどにNFCタグを貼り付け、限られたスペースで色々な情報配信が可能です。
詳しい商品の詳細、使用しているイメージ動画、生産者の想いなど・・・。
どうしても店頭の限られたスペースではすべてを伝えきることができません。
食品のアレルギー表示、バイリンガル表記、また高価な商品の真贋判定に使用したりも可能です。

インバウンドでNFC

 
近年増加する訪日外国人の方々。調べによると旅行中の一番の困りごとは、
やはりコニュニケーションが取れないこと!
道案内やグルメ情報、乗換案内、店頭のメニューなどにNFCタグを設置。
タッチすることで、外国語表記や英語のガイダンスが流れるなどに使用できます。

イベントでNFC

 
イベントのチケットにNFCタグ。入退出の管理をしたり、予めタグにお金をチャージして、
開催中邪魔な財布の代わりとして、イベント内で買い物をするなど。
また回遊させたい箇所、訴求したいものがある場合には、その場所にNFCタグ読み取り機を設置し、
お客様にスタンプラリーをしながら回遊してもらうなど行うことができます。

家の中でNFC

 
玄関のNFCタグにタッチするとWiFiに接続、冷蔵庫のタグにタッチするとピザの注文ができる。
ベット際のタグにタッチすると目覚ましの設定ができるなど、家庭内でもさまざまな利用方法があります。
NFCを使用した+αの活用方法
すべてのNFCタグは個有のID(ユニークID)を持ち合わせています。このユニークIDと上位システムやアプリを紐付けることで、
どのNFCタグがどこで何回タッチされたのか?などの情報を取得することができます。システムの組み方次第では、
様々な引き出したい情報を取得することができます。NFCはユーザーが自らタッチしたいと思い、タグにタッチし情報取得を行います。
その為収集した情報を、今後のマーケティング戦略に活用することも可能です。



詳しくはお問い合わせください
当社では皆様が保有する様々なアイディアを、NFCの技術を活用し具現化する提案力、実績がございます。
一緒に新しいNFCの価値を見出していけるパートナー様からのご連絡をお待ちしております。